水害でした

先日ハリケーンの被害で多数の被災者を出している、東南アジアの皆様お見舞い申し上げます。
て事でミャンマー付近を捜索していたら以下の状態の土地を見つけました。
myanmaa.jpg
よく見たら田んぼの色が変わっていて、一面水没しています。
右上に架かる橋も破壊されたか一部が見えません。
なぜかこの付近だけ解像度が高いと思ったら、こういうことでした。
ちゃんと意味があるのですね。
posted by アポリー at 18:01
| Comment(17) | TrackBack(0) | わびさび

日本沈没?

富士山の周りが水没している!日本沈没のシミュレーションか!?
すいません、ここはかつて日本の最北端と言われていた「阿頼度島(あらいどとう)」です。
カムチャツカ半島から連なる千島列島の極北に位置し、阿頼度山を中心に抱く火山島とのこと。
araido.JPG以下ウィキペィアから引用
北海道根室支庁占守郡に属していた。現在は、ロシア連邦が実効支配しているが、日本政府は国際法上は所属未定所地であると主張している。
阿頼度山(ロシア名アライト山 влк.Алаид)は海抜2339mで、千島列島第一の高さを誇り、その秀麗な山容から一名を阿頼度富士ともいう。
19世紀末に北千島を探検した鳥居龍蔵によると「アライド」はロシア人による命名で、アイヌ語ではこの山を「オヤツコバゲ」や「オヤコバッカ」、または「チャチャ」と呼んでいた。阿頼度山の別名親子場山はこの「オヤツコバゲ」に由来する。現在は活動を休止しているが、有史以来度々の噴火をみる火山である。
樺太千島交換条約の締結で千島列島全体が日本の領土になったときからサンフランシスコ講和条約によって樺太・千島の領有を放棄するときまでは、この島の「最北埼」(北緯50度55分30秒・東経155度32分)が日本の最北端であった。また、上記の国際法上の帰属先が未定という日本政府の見解を根拠に、現在でも最北端であるとする主張もある。
しらんかった・・・・。
posted by アポリー at 19:56
| Comment(0) | TrackBack(0) | わびさび

魚の骨?

本当は別なポイントを探していたのですが、ちょっとこの地形は見て見ぬ振りはできません!
なんだ!魚の骨!?sakana.JPG
え〜私の想像力の無さを露呈しました。
ここはアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。
写っているのは何かというと世界一大きな人工の島、パーム諸島と呼ばれる3つの島の三部作の一島「Jumeirah」です。
「Jumeirah」は3つの中で一番小さいそうですが、一番完成されていたので(他の島は造成中みたいで家がまだ建てられていませんでした)
肝心な、「このデザインは何?」ですが、それはナツメヤシ木の形だそうです。
ホテルやカフェ、レストランなど観光地的な側面も併せ持つとの事。
まだまだおもしろい地形はあるな〜って、やっぱりアラブは金持ちが多いのね。
posted by アポリー at 00:46
| Comment(0) | TrackBack(2) | 面白い所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。