マーリブダム

イエメンのマーリブ(marib)にあるダムの遺跡です。oldmarib.JPG
こちらも遺跡が多く残されているところですね、随時巡っていきたいと思います。
さて、正確に言うと画像は「オールドマーリブダム」で、なんと紀元前8世紀頃にシバ王国で造られたダムです。
そんな昔からダムがあったことにまず驚きました。
このダムにより、灌漑農業が行なわれ豊富な農作物が生産されていました。
ただ山岳地帯に降った雨が急流となって一気に押し寄せるので、ダムは決壊・改修が繰り返され紀元570年の決壊後は放置されたままになっているということです。
よく見てもらいたいので座標ファイルを置いておきます。
上部に見えるのが「北門跡」、下部が「南門跡」。
その間にこんもりしているのが、まだかろうじて残っているダム本体の跡です。
この3km上流には1986年に造られたニュー・ダムがありあす。
いやー歴史の壮大さを感じた場所でした。


posted by アポリー at 19:45
| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。